診療科について

緩和ケアとは

“緩和ケア”と聞くと、従来はがんの末期患者が痛みを和らげるために受けるというイメージでしたが、いまは治療の初期から患者に関わり、サポートをする体制に変わっています。がん治療中の早期からQOLを維持していくことは、がん治療によい影響を及ぼし、生存期間を延長する効果も示され、近年、注目されています。

209347134d

がん治療や病期に関わらず、いつでも御相談下さい。

 

受診をお考えの患者さんへ

《 入院中の方 》
主治医・入院病棟の看護師に「緩和ケアチームへの相談」の希望をお伝えください。
( →主治医や看護師からチームに依頼があった後、チームスタッフが病室までお伺いします。

《 外来受診をご希望の方 》
他院または当院でがん治療中の方、地域医療機関にかかりつけの方、ご遺族の方を対象としています。

【初診の予約をお取りください】
症状緩和・がん患者支援外来 月・金曜日の午後 (要予約)
初診予約 電話 : 医療連携室 〈 03-3964-1498 〉
電話受付時間 (平日) 8:30~17:00(土曜日) 8:30~12:30
持参していただきたいもの:かかりつけ医からの情報提供書 (紹介状)

当院は特定機能病院に指定されています。地域に高度で良質な医療を提供するため、初診時に他の医療機関からの紹介状をご用意していただかないと選定療養費として一定額(¥5,400)をお支払いいただきます。

紹介元、医療機関様へ

予め、紹介元となる医療機関から、上記の病診連携室にお電話いただき、内容伝達と日時の予約を入れて頂くようお願い致します。

外来診療内容

症状緩和・がん患者支援外来として、痛み、食べられない、嘔気、呼吸が辛いといった体の症状、これからどうすればいいのだろうといった心の閉塞感、リンパ浮腫のマッサージ方法を知りたいといったご要望、死別後何年も心が辛い(死別の理由は問いません)といった事に対応しています。

外来診療担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 (9:00-12:00)
午後 (13:00-15:00) 有賀 大澤
新患担当 (12:00-13:00)

入院診療

がん治療が行われている診療科に入院している時に、ご希望によって、緩和ケアチーム(緩和ケア内科医、精神科医、看護師、薬剤師ら)が病室までお伺いし、がん治療方針にそった緩和ケアを行っています。
・ 主治医・入院病棟の看護師に「緩和ケアチームへ相談したい」とお伝えください。
・ 主治医・看護師からチーム依頼後に、チームスタッフが病室までお伺いします。

尚、緩和ケア内科の病床や緩和ケア病棟はございません。

医療連携機関

ご相談内容によっては、院内の治療主科との連携や専門職種への紹介、地域の医療機関や行政( 福祉課等 )との協働も行っています。

診療科案内へのリンク

帝京大学附属病院ホームページ内の診療科案内へのリンクはこちらです。

コメントは停止中です。